オーディションと年齢

タレント志望の方で、放送局のアナウンサーや文化人そしてスポーツ選手などが、テレビ出演したり雑誌に掲載されたりするのは、オーディションを介さずに仕事をされていますが、知名度のない一般の方は、オーディションを受けて合格すれば所属事務所が決まり、仕事ができるようになります。

オーディションを受ける年齢は、どのような分野なのかによっても変わりますし、募集している内容によっても異なるのです。
単発的なオーディションの場合は、赤ちゃん、子供、生年、熟年、シニアなど求めている人材毎にオーディションは開催されます。
そして、オーディションを受けられる方のほとんどは、タレント養成所のような所でレッスンを受けているのです。
また、新人発掘のために各芸能プロダクションが独自に開催しているものもありますから、WEBサイト等で情報を入手することが必要となります。
オーディションがあるのは、タレントだけではありません。
作曲や編曲それに楽団員、モデルなどあらゆる分野が存在するのです。
お笑い系の方は、大学のサークル活動などで勉強されている方が多いようです。
これも芸能プロダクションでオーディションがあり、合格する必要があります。

オーディションを受ける年齢は様々ですが、芸能プロダクションによっても大きく変わるのです。
モデル系、タレント系、俳優系、女優系、声優系、歌手系、アイドル系、お笑い系などですが、芸能プロダクションの応募要項をご覧になってから応募してください。